文具スタイル
ピックアップ

ピックアップ一覧

親子で楽しむ自然学習アイテム 「顕微鏡」

更新日:2008/12/05

顕微鏡

レイメイの学習用顕微鏡は、使い方が簡単で小学校低学年から中学生まで幅広く人気のあるアイテムです。

夏休みの自由研究、自然学習の一環として、顕微鏡でミクロの世界を体験してください。クリスマスプレゼントや新入学のお祝いにもどうぞ。

顕微鏡写真

不思議なミクロの世界を体験!

右の4枚の写真は何の写真かわかりますか?

植物の葉や茎、花粉、昆虫の羽根や脚、川や池の水などなど、普段見慣れたものでも、顕微鏡で覗いてみると、アッと驚くような色や形を見つけることができます。顕微鏡を使って身の回りに広がるミクロの世界を体験しよう!自由研究にもお薦めです!!

写真の答えは。。。

  1. 松の茎の横断面(倍率:100倍)
  2. 竹の茎の横断面(倍率:100倍)
  3. ミツバチの後脚(倍率:100倍)
  4. ミツバチの前脚(倍率:100倍)

ちなみに右の写真は、下記で解説する撮影方法で撮影しました。コンパクトデジカメで簡単に顕微鏡写真が撮れるのでぜひチャレンジしてみて下さい!

撮影方法

顕微鏡写真にチャレンジ!

自由研究に大活躍!!左の写真のようにデジカメを顕微鏡に近づけるだけで、上の4枚の写真のような顕微鏡写真が撮れるんです!結構キレイに撮れました。

用意したもの

顕微鏡(RXT501を使用)
この機種は鏡筒が固定されているので撮影のセッティング、ピント合わせが簡単でした。
プレパラート
市販のものや自作したものなどいろいろ用意しましょう。
デジカメ
コンパクトタイプがお薦め。一眼レフやコンパクトでもレンズ口径の大きい機種は撮影出来ませんでした。
三脚
手ぶれ防止に必需品です。コンパクトカメラ用のもっとシンプルなものでも大丈夫です。
黒い紙
カメラと顕微鏡のすき間をカバーします。

撮影方法

撮影方法

カメラはズームを最大にして、顕微鏡の接眼レンズにできるだけ近づけて固定します。三脚が高すぎたので本を台にして高さを調整しました。台には安定感のあるものを使いましょう。

撮影方法

カメラのレンズと顕微鏡の隙間から余計な光が入らないように、黒い紙を筒状にして巻き付けました。

撮影方法

モニターを見ながら、ピントや位置を微調整します。その際カメラと顕微鏡が接触しないよう注意します。

シャッターを押す時にぶれることがあるのでタイマーを使いました。

オススメ顕微鏡

RXT502

顕微鏡 RXT502

シルバーカラーのスペースチックなスタイルの顕微鏡。ライト付きなので、いつでもどこでも観察が楽しめます。最高900倍の高性能モデル。

付属品も充実、植物や昆虫の観察に便利なメスやピンセット、ルーペが付いています。

RXT452

顕微鏡 RXT452

スタンダードな顕微鏡。ズーム機能で最高800倍での観察も可能。付属品も充実。

RXT202

顕微鏡 RXT202

コンパクトな入門用顕微鏡。小学校低学年から使えます。